• 二次救急医療施設
  • 24時間365日無休

熱中症の予防を予防しましょう

暑い夏、コロナの患者も再び増えてきており、マスク生活が続き、暑さを感じる日々かと思います。
熱中症の症状は、めまい・だるさ・気持ち悪さ・手足のしびれ、さらに、重くなるにつれ吐き気を強く感じたり、意識障害を起こしたりすることがあります。
こまめに水分や塩分を補給すること、屋外では日傘や帽子などの使用、日陰に入っての休憩を取るよう心がけましょう。また、室内でも熱中症になることがあるので、室温に十分注意し、エアコンや扇風機の活用で温度調整をしましょう。
特に高齢者は、水分摂取も少ないことも多々あり、脱水になりやすく、自分でも気付きにくいことも多い為、経口補水液やスポーツドリンクなどを、時間を決めて飲むと予防に繋がります。
予防と対策を心がけ、暑い夏を乗り切りましょう。