マスク着用にも休憩が必要です|病院と6つの診療所が連携、皆様の健康を守る宇都宮市の整形外科、皮膚科美容皮膚科

お知らせ

マスク着用にも休憩が必要です

新型コロナウイルスの飛沫感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」としてマスクの着用が求められています。しかし、高温多湿の環境下でのマスクの着用は、皮膚からの熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調整がしづらくなり、熱中症になるリスクが高くなる恐れがあります。予防として厚生労働省は、屋外で人と十分な距離(少なくとも2メートル以上)が確保できる場合には、一時的にマスクを外して休憩することも必要とし、マスク着用時は激しい運動は避け、喉が渇いていなくても、こまめな水分補給を促しています。
まだまだ暑い日が続きますが、マスクと上手に付き合い、体調管理に気をつけましょう。