脱水に気をつけましょう|病院と7つの診療所が連携、皆様の健康を守る宇都宮市の整形外科、皮膚科美容皮膚科

お知らせ

脱水に気をつけましょう

脱水症の原因は、水分と塩分の不足です。体は、発汗によって体温を下げようとしますが、その汗には、水分だけでなく塩分も含まれており、この両方が失われることにより脱水症になってしまいます。
予防として、水だけでなく塩分の補給も必要です。一度に大量の水を摂取すると、かえって体内の電解質(塩分が水に溶けると電解質になります)のバランスが崩れ体調不良を引き起こすこともあり、水分補給する時は、あわせて塩分の補給も行いましょう。
のどが渇いていないから、汗をかいていないから大丈夫と思いがちですが、すでに体の水分が減少している場合もあります。いつもより尿の色が濃く、量が少ない場合はすでに体内の水分不足が起こっています。のどが渇く前からのこまめな水分、塩分補給を心がけましょう。